不用品回収

違法な回収業者を見分けるには

最近違法な不用品回収業者がかなり増えています。いらないものを回収してもらった数日後に河川敷に行くと自分が売った不用品が道端に不法投棄されているということがよくあります。その不用品回収業者は回収した不用品を山奥や川などに捨ててしまっているのです。不用品として回収してもらったのに不法投棄されているということで警察に通報されてしまうケースも少なくないのです。
こういった不法投棄が行っている業者は自分の会社の所在地を明かさないことが多いのです。名刺を下さいと言っても名刺を持っていないことが多く持っていたとしても住所や電話番号を明記していない名詞がほとんどなのです。そういった業者は軽トラック1台でスピーカーで大きな音で不用品を回収しますと言って行動していることが多いです。
違法な不要品業者を見分ける方法としては軽トラック1台で不用品回収しますと言っているところは避けておいた方がいいでしょう。他にはインターネットでそこのウェブサイトを見て安心できるかどうか判断した方がいいです。そもそも自分のウェブサイトを持っていない不用品回収業者は選択肢に入れてはいけません。それだけでなく市町村から不用品回収の許可を得えている業者を選んだ方がいいでしょう。